〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
※算数・数学教室は電話受付しておりません。
「お問い合わせ」ページよりお願いします。
  1. たいせつにしていること
 

たいせつにしていること

   
    
※申し訳ないのですが、定員につき現在は生徒の募集を行っておりません。
※お問い合わせやご質問は問い合わせページでお願いいたします。電話はご遠慮下さい。 


   
子どもが身近に感じる量をもとに意味の理解を重視します。  
   ・お子さんの将来を見据えた学習を保護者の方と相談して進めていきます。

   ・将来の自立に向けて、紙の上の計算だけでなく量の感覚を身につけることは
    とても大切なことです。 

十進法や計算のしくみを理解する教具としてタイルを使います   
   ・タイルを操作することで抽象的な数や計算のしくみを具体的にイメージすることができ、
    小数や分数などにも発展的に使うことができます。 

   ・タイルでも抽象度が高い場合にはそのお子さんにとって理解しやすい具体物、
    お子さんが興味をもって学習に取り組める具体物を使って理解をめざします。
     
どんな複雑な計算でもかんたんにできる筆算に重点をおきます。   
    ・繰り上がり、繰り下がりの意味を理解することはとても大切です。
     目の前のお子さんが答えをパターン化して(暗記して)答えているか、
    意味を理解して答えているかの見極めはとても大切です。 

計算体系が“一般から特殊へ”の方向をとっているため学習が合理的です。   
    ・お子さんの理解や発達に応じて、さらに保護者の方の意向を鑑みて
     目標を設定するのですべての子どもが同じゴールを目指しません。