〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
※算数・数学教室は電話受付しておりません。
「お問い合わせ」ページよりお願いします。
  1. 分数はりんごで教えない!
 
 

分数はりんごで教えない!

2014/02/05
寒中見舞いを作ったものの印刷するのを忘れてたら
あっという間に立春。
あわてて余寒見舞いに作り替えてやっと投函できました。
いろんなことを後回しにして痛い目に逢うことが多いたれみみです。

でも印刷する前でよかった。
印刷して投函忘れだとハガキ代がパァですもんね。と何事も前向きに。

さてさてほんとにいろんなことを後回しにしているんですが
その中の一つが“分数”です。
去年11月の記事『分数はイメージが難しい』の中で
こんなことを書きました。わたし。



-----------抜粋----------------
Aさんが特別ではなく、分数って子どもにとって
なかなか数として認められない得体の知れない存在、
できれば避けて通りたい存在みたいです。
これって分数を量としてつかめていないことが大きな原因なんだと
思い至ることが子どもたちに教えていて多々あります。
(計算問題をスラスラ解いている子でも同じ。Aさんがまさにそうですよね)

ところでどうして分数を量としてうまくイメージできないのか。
これって実は、分数を最初に習うときに家庭でよく見られる風景が
結構大きく影響しているんじゃないかな、と思ってます。

分数がわかならいって子どもが言ってきたとき
りんごやピザを切ったことないですか?
あれはやめたほうがいいと思います。 

その理由はまた今度。

-----------抜粋終わり----------------

書いてますね。また今度って。
書いてから既にふた月半。
実はこの記事をエントリーしてから数人の人に直接質問を受け、
それに答えているうちにすっかり書いたつもりになってました。

いやぁ<s>老化って</s>思い込みって怖い。

と、前置きがすっかり長くなりましたが分数の話へレッツゴー。




そもそもの話になっちゃいますが分数には2種類あるって知ってますか?
量分数と割合分数。

●量 分 数 … 単位がついていて<u>決まった大きさをもつ分数</u>。単位分数とも。
       例)1/3dL , 4/5u , 1/2kg など

●割合分数 … 全体を何等分かしたうちのいくつか。
       例)ピザの1/3 , りんごの3/4 , 全体の1/2 など


大人は両方知ってます。
知ってるからこそ深く考えずに使い分けています。
生活でよく使うのは割合分数でしょうか。
だからこそはじめて分数に出会った子どもたちに深く考えずに割合分数で
教えちゃうのかなぁ。
懺悔すればこの仕事をする前の自分がそうでした。
りんごをバンバン切ってました。
子どもたちよゴメン。

ではなぜ分数をはじめて勉強する子どもに割合分数で分数を教えるのは
おすすめできないのか。
それは二つの分数のこの特徴からもわかっていただけるかと。


●量 分 数 … 大きさが比べられる。たし算やひき算ができる。
       例)1/3dL < 2/3dL , 1/4kg+3/4kg=4/4kg=1kg など

●割合分数 … 単純に大きさ比べができない。たし算ひき算ができない。
      (もとになる量が全く同じケースではできます)
      

こんな場面を想像してください。

りんごを切っていてりんごがなくなったから柿を切り始める。
目の前にたくさんある半分に切られたりんごや柿。
さて、りんごの1/2と柿の1/2はイコールで結べますか?
いいえ結べませんよね。
りんごの1/2 ≠ 柿の1/2 です。

もうこの時点で子どもにとって『1/2』が決まった量をもたない
とってもあやふやな頼りにならないもので、
明確な『数』ってカテゴリーには分類できないのかもしれませんね。


こんな場面も想像してください。
半分に切ったスイカ。つまり1/2のスイカとまるまる1個のりんご。
どっちが大きいですか?

そりゃぁスイカです。半分に切られてたってでかいですから。
だから子どもにとっては

スイカの1/2 > りんご1個 となります。

そして算数を勉強している子どもによく見られるのですが
算数バージョンの脳みそでは 数字が圧倒的インパクトをもっていて
前後の文字はすっごく薄い存在。
算数が苦手な子ほどこの傾向が強いようです。
(※データなし。私の経験からの感想です。)

だから前半の“〜の”という部分はすっかり影を潜め

1/2 > 1 ?????? もうよくわかんない!
とういう状況に…。


はじめて分数に出会って、
そしてこれからも長く付き合っていかなければならない子どもには
量分数で教えてあげてください。

量分数は安心して比べられる分数です。

1/2dL は常に 1/2dL 。
そのときどきによって大きくなったり小さくなったりしません。
この事実がどれほど大切か!しみじみ…。

知らないことを学んでいくことはとっても面白いけど不安も多いです。
よく似たものを同時に教えるのは教えられる子どもにとっては
とても負担が大きいです。

ですから私たち数育会の教材では分数の学習はまず量分数から。
そして量分数をしっかりと学んだあとで割合分数の学習となります。


教えるときには一つずつ。
似ているものは絶対一緒に教えない。

教えるときに大人が気をつけたいことですね。